Q.バリアフリー改修工事や省エネ改修工事を含む増改築等を行った場合において、住宅借入金等特別控除及び特定増改築等住宅借入金等特別控除のいずれの適用要件にも当てはまるときには、これら二つの特別控除の適用を受けることができるのでしょうか?

A.バリアフリー改修工事や省エネ改修工事を含む増改築等を行った場合において、住宅借入金等特別控除及び特定増改築等住宅借入金等特別控除のいずれの適用要件にも当てはまるときには、選択によりいずれかの特別控除の適用を受けることができるのであって、二つの特別控除の適用を受けることはできません。

 なお、バリアフリー改修工事や省エネ改修工事を含む増改築を行った場合に、住宅借入金等特別控除の適用要件のほかに住宅特定改修特別税額控除の適用要件にも当てはまるときには、これらの控除のいずれか一つを選択し、その適用を受けることとなります。

選択によって、住宅借入金等特別控除の適用を受けて確定申告書の提出を行った場合は、その後の全ての年分に関しても、その住宅借入金等特別控除の適用を受けることになっています(選択替えは不可能です)。ちなみに、住宅借入金等特別控除の適用を受けなかった場合も同様です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る