Q.住宅耐震改修をした場合の住宅耐震改修特別控除とは、どのような制度なのでしょうか?

A.住宅耐震改修をした場合の住宅耐震改修特別控除というのは、居住者が、自分の居住する家屋(昭和56年5月31日以前に建築されたものに限定されます)につき、平成18年4月1日より平成29年12月31日までの間に住宅耐震改修を行った場合に(平成23年6月29日以前に住宅耐震改修に係る契約を締結するなら、一定の地域の要件に合致するときに限定されます)、その年分の所得税額より一定の金額を差し引く制度です。

 なお、上記の住宅耐震改修特別控除の適用要件だけでなく、住宅借入金等特別控除の適用要件にも当てはまるなら、これら二つの特別控除の適用を受けることが認められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る