Q.住宅ローンを組んでいて、住宅借入金等特別控除の適用を受けている場合において、住宅ローンを低金利の商品に借り換えたとしても、引き続き住宅借入金等特別控除の適用を受けることができますか?

A.住宅の取得等のときに借入を行った住宅ローン等をより低金利の商品に借り換える場合がありますが、住宅ローン等を借り換えた場合における新たな住宅ローン等には住宅借入金等特別控除が適用されないのが原則です。住宅借入金等特別控除が適用されるのは、住宅の新築、取得又は増改築等のために直接必要とされる借入金又は債務であるからです。
ただし、次の要件の全てに合致するときには、新たな住宅ローン等に住宅借入金等特別控除が適用されます。
1.新たな住宅ローン等が最初の住宅ローン等の返済のためのものであることが明白であること。
2.新たな住宅ローン等が、その償還期間が10年以上であるというように住宅借入金等特別控除が適用される要件に合致すること。

ちなみに、住宅借入金等特別控除の適用を受けられる年数は、住み始めた年より一定期間です。その期間が、住宅ローン等を借り換えると延長されるというわけではありません。
また、借り換えた新たな住宅ローン等に住宅借入金等特別控除が適用される場合、この特別控除が適用される住宅ローン等の年末残高は、以下のようになります。
ア:借換え直前における最初の住宅ローン等の残高
イ:借換えをした新たな住宅ローン等の借入時における金額
ウ:借換えをした新たな住宅ローン等の年末残高
・ア≧イのとき
 対象額=ウ
・ア<イのとき
 対象額=ウ×ア/イ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る